未就学児に習わせたい!おすすめの習い事

お子さまの習い事を一緒に考える総合情報サイト

きちんと続けられる習い事を選ぶ

なぜ習い事を辞めたくなるの?

理由は簡単、「楽しくないから」「うまくできないから」です。

子供は大人よりも感覚に正直です。
そんな子供にとって「楽しくない」ことを続けられないのは自然な流れではないでしょうか。
大人だって、楽しくないことを続けるのはとても大変なことです。
普段のコミュニケーションの中で、子供が楽しいと思うこと、好きなことを見つけることも必要なことかもしれません。

また、せっかく努力をして練習しても、結果が伴わなければ楽しさを感じることはできません。
逆に、今までできなかったことが練習してできるようになれば嬉しいと感じます。
子供ができるようになったことは、ほんの少しでも見逃さないであげてください。
少しでも成長した部分があれば、言葉にして褒めてあげてください。
親が褒めることで子供自身が達成感を感じることができれば、それが習い事を続ける原動力になるかもしれません。

習い事を続けるために大切なこと

私はピアノを15年、英会話を13年習っていました。
ピアノはなんとなく、英会話は友達が通っているからというのが理由だったと思います。
ピアニストにはなれませんでしたが、特技はピアノと胸を張って言えます。
実際に留学した時、ある程度会話に付いていけるのはとても有利な糧になりました。
特にピアノに関しては始めたのが3歳だったため、「うまくできないから」楽しくなくて、何度も辞めたいと思いました。
そこで続けられたのは、両親が「自分が好きで始めたいと言ったのだから続けなさい」というスタンスだったからだと思います。
子供の習い事を継続させるには、家庭でしっかりルールやスタンスを決めることが大切です。
「うまくできない」ことを、練習してできるようになるという経験を重ねること。
それこそが習い事を続ける力であり、習い事を続ける大切さなのです。